メガネの朝日堂の「視力検査」


簡単な視力検査だけでメガネを作ったりしていませんか?

最近はコンピュータが発達してきて、器械だけでもそこそこの度数が測れるようになりました。
が、メガネってそんなに簡単なものではありません。

人間には右眼と左眼の二つの眼があります。
私たちが遠くを見たり近くを見たりするには、その二つの眼を上手に使って見るのが理想なのです。
もし、二つの眼が上手に使えていなければ、遠近感は悪くなり、眼の疲れや、時々モノが二つに見えるなどの症状があらわれることもあります。

「両眼の協調はとても大切なのです」

ですから、メガネの度数を決めるときの視力測定も両眼の協調を考えて検査しなければいけません。

通常の視力検査はコンピュータで度数を測定し、片眼ずつの屈折検査(片眼遮蔽屈折検査)をし、その度数を基に「なるべく、よく見える度数」や「少し弱い目の度数」とかに調整して作ることが多いようです。

朝日堂ではコンピュータも使いますが、「両眼開放屈折検査」や「両眼調節バランステスト」「両眼調節緩解テスト」を中心に眼位検査も含めた「両眼融像視」を重視した検査を行っています。

両眼開放屈折検査
片眼遮蔽屈折検査で得た値を基に、両眼を開けたままの状態で各眼の屈折度をチェックします。

両眼開放調節バランステスト
両眼を開けた状態で、偏光を利用した視標を使用し、左右の調節バランスを取ります。

両眼調節緩解テスト
左右の調節バランスを保ったまま、最もよく見えるプラス寄りの度数を求めます。

検査は5メートルの距離を取って行います。
最近は省スペース優先で「ボックス型1メートル視力表」を使うところが多くなってきました。
これはバーチャルな映像が5メートル先に見えるように作られた視力表です。
でも、これでは検査時に不必要な「調節の介入」が作用して、度数が不安定になってきます。
朝日堂で使用している5メートル液晶視力表

このような検査を基にして、眼に無用な調節の介入を極力排除した、基本度数が決定します。
近見チェック、眼位検査のあと、さらに、「掛けやすいメガネ」「疲れないメガネ」「自然に見えるメガネ」を目指して、
場合により「プリズムの矯正なども考慮して」お客様との共同作業でメガネの度数を決めていきます。

「よく見えるけど疲れる」、「物が歪んで見える」、「フワフワした感じがして気持ち悪い」等々、度数決定までには色々なハードルがありますが、ベテランの検査員は長年の経験と日本眼鏡技術研究会で学んだ知識などを生かして、お客様に
使いやすくてよく見える快適なメガネを提供いたします。

度数決定までに、少し時間がかかるかもしれませんが、良い結果を求めるにはあまり急がない方が良いと思います。

この器械は当店で使用している「深視力検査」用の器械です。
深視力検査機械

この器械は当店で使用している、パソコンメガネに最適な度数を調べる器械です。

近方視力用リーディングチャート

視覚機能とは視力・眼球運動・両眼のチームワーク・調節機能などの「入力機能」と脳の中で視覚情報を認知・記憶・イメージする「処理機能」の2つを総合した機能のことをいいます。

眼球運動機能
視力も入力機能の一つですが、視力がよくても他の機能に問題があれば視覚情報を効率よく入力したり、適切に脳の中で処理をして行動に移すことができません。
パソコンなどが見づらくなったり、疲れたりするのは視覚機能の問題から起ることがあります。
視覚機能は年齢とともに発達してくるものですが、その発達が上手くいかない場合もあります。
また成人になってから問題が生じる場合もあります。しかし視覚機能トレーニングや機能を補助するための眼鏡をかけることで問題を改善することができます。

眼球運動機能に問題があると、読書時に行を間違えて読んだり、球技でボールを眼で追うことなどが難しくなります。

チームワーク機能
人の眼は両眼で物体を見ることにより遠近感を感じたり、一つの物は一つと認識することで快適な視生活を送れるようになっています。でも、両眼のチームワーク機能(輻輳や開散)がうまくいかずに正確な遠近感が得られない、物が二つに見えて疲れやすい、などといった人もいます。
適切なトレーニングやきちんと合わせたメガネを掛けることにより改善することができます。

調節機能
近くのものにピントを合わせてハッキリと快適に見るためには調節機能が働く必要があります。
遠視の人の場合は遠くを見る場合にも調節力が必要になります。
40歳を過ぎて、老眼になってくるのは調節機能が弱くなってくるからですが、若年者でも調節力が弱っていれば近くのものにピントが合わせづらくなり、パソコンが見えにくくなったり、本の字がぼやけて読みにくくなってくることがあります。
調節機能の問題もトレーニングで改善することもありますし、眼鏡によって改善することもあります。
視覚機能が改善された例−1
74歳女性
10ヶ月前に両眼とも白内障の手術を受けました。
最初は「これでメガネを掛けなくても遠くは見えるようになった」
と喜んでいましたが、手術後の経過が落ち着くにつれて「物が二つに見える。
片眼をつぶらないと見えにくい」と、6ヶ月前にご来店になりました。

矯正視力と偏光視標による眼位検査の結果

RV=(0.8×S+1.25 C−1.25 Ax110 2.0△B.D.)
LV=(0.8×S+0.75 C−0.50 Ax120 2.0△B.U.)

この度数で複視もなくなり、具合がよいとのことです。
今までお掛けになっていたメガネのレンズをプリズム付のレンズに交換し、現在も快適にご使用になっています。

視覚機能が改善された例−2
33歳 男性
通常は使い捨てコンタクトを使用しています。メガネは持っているがあまり掛けていない、とのことです。
今回、大型免許の取得にあたり、深視力で不合格になりご来店。

以前の眼鏡度数
R=S−3.50 C−0.50 Ax180
L=S−0.75

当店での決定度数
RV=(1.0×S−3.50 C−0.50 Ax180 0.75△B.D.)
LV=(1.0×S±0.00 C−0.75 Ax180 0.75△B.U.)

左右差があるがこの度数でコの字テストでも問題なく、当店の深視力計では、ほぼ三桿の動きはわかるようになりました。
しかし、ばらつきがあるため、ブロックストリングで練習をするように指導し、レンズの交換をしていただきました。
後日、「無事に深視力試験に合格」とお喜びの電話がありました。

薄くて軽いメガネ 大きいサイズ 丸メガネ 子供用 跳ね上げ スポーツ用 剣道 眼瞼下垂 パソコン 深視力


copyright 2012 メガネの朝日堂
許可無く掲載記事の無断転載を禁じます