子供用メガネ


弱視と診断されてショックを感じているお母さんへ
お医者さんの処方箋があるということは、メガネをかけていると成長とともに治っていくということです。
弱視と聞くとショックを受けますが、大丈夫です。
お子様の目は驚くほどのスピードで成長していますから、とにかく、できるだけ早く対策をとることがとても大事です。 ですから、お医者さんが出した処方箋できちんとしたメガネをかけましょう。目の成長期の今なら間に合います。
視力についての不安な点、疑問点はお医者さんに何でも質問してみましょう。
そして、大切なお子様のメガネについては朝日堂におまかせください。


子供のメガネはこんなに違います
1、目的が治療です。
2、できるだけ早めの対策が大事です。
3、レンズは、安全に、薄く、軽くしています。
4、フレームの選び方が大人と違います。
5、かけ具合(フィッティング)が違います。


朝日堂には安全性・頑丈さを追求した、幼児ににやさしいフレームも勢揃いしています。
近視用・遠視用・乱視用など、メガネの目的は様々ですが、お子様が安心してメガネをかけられるように、
朝日堂ではお子様に合ったフレームの選び方から、適正なレンズの選び方など、良心的にご相談にのります。

レンズは2回目から20歳まで半額でお買い求めいただけます。
フレームが壊れた場合も、パーツだけの交換ですむので経済的です。

ぜひ、ご来店いただいて、実際にお子様にかけていただいたら良さが実感できます。

  子供用メガネコーナー


0歳からの乳児向けフレーム   園児向けはこちら  小学生向けはこちら

●安全安心!=耐衝撃性・柔軟性に優れた素材で簡単には壊れません。金属部分もほとんど使用していません。
●しっかりホールド!=耳・鼻の部分もしっかりフィット。バンドを使って頭の後ろで止めることもできます。
●軽量!=乳児用フレームの重さは6.3g(五百円玉と同じ重さ)で、お子様の負担になりにくいです。

テンプルの長さが調節できるから耳にぴったり

鼻の高さに合わせて三段階に調節可能



ご紹介のフレームの他にも店内には沢山そろっています。お気軽にご来店ください。


子供の治療用メガネの保険適用について

9歳未満の子供が、「弱視」・「斜視」・「先天性白内障術後の屈折矯正」等の治療に使う、眼鏡やコンタクトレンズに係わる医療費が支給される保険制度があります。その際、医師が治療に必要だと診断し、かつ健康保険組合などの保険者が認めた場合に限り、医療費が支給されます。
「遠視」・「近視」・「乱視」などがあっても、矯正視力や両眼視機能、眼位などに異常がないお子様の眼鏡に対しては保険が適用されません。保険の対象になるかどうか、医師にご確認ください。
申請に必要な書類は、
1.治療用眼鏡の領収書
2.治療を担当した保険医による治療用眼鏡の作成指示の写し
3.患者の検査結果
加入している健康保険組合などから支給申請を入手し、書類を添付して提出する。

メガネの朝日堂 TOPへ


copyright 2012 メガネの朝日堂
許可無く掲載記事の無断転載を禁じます